読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーサラリーマンの報告

アラフォーサラリーマンの日々の愚痴などを吐き出してます。

Press Enter

Press EnterというWEBの連載物のコラムがあります。

現在、「飛田ショウマの憂鬱」というシリーズが掲載されていますが、それが今の会社を参考にしているのではないかと思うほど似ています。 今週の内容に「協力会社を技術力ではなく、単価で決める」という内容があり、あまりにも同じなので驚きました。

他にも、「人形つかい(5)システムエンジニアとSQL」に出てくる橋本さんは、SQLのJOINが使えないし、プログラムも新人研修でしか経験がない。 これも、今の会社の人と同じですし、「人形つかい(1) 未知との遭遇」や「高慢と偏見(6) いつかの誰かのためのドキュメント」にあるように、ステップ数で管理するもの同じです。 上記のコラムが掲載された時は別会社に勤めており、「こんな会社あるのか?」という感想でしたが、今の会社に転職するとは当時は予想だにしませんでした。

このような読み物があるということは、他のSIerもプログラムは外部に依頼し、社内の人間は協力会社管理と顧客の御用聞きがメインで エクセルの毎日なのかと疑ってしまいます。

技術力を強みにせずに、「外注管理が得意です。」という企業をIT企業と呼ぶべきか疑問です。